一番町法律事務所 労働相談専用サイト

ご相談・お問い合わせはこちら

労働相談トップページ > 弁護士費用

弁護士費用Attorney's fee

当事務所の弁護士費用のご説明

弁護士費用は大きく分けて、①着手金、②成功報酬、③実費があります。
①は、弁護士が事件を引き受けるに当たりいただくものです。示談交渉の場合は金10万円(+消費税。以下同じ)、労働審判の場合は金20万円、訴訟の場合は金30万円です。仮処分の場合は、金20万円~金30万円です。
②は、事件終了時に弁護士活動の成果に応じて弁護士がいただくものです。多くは得た経済的利益(相手方から獲得した金額)の5~10%程度です(経済的利益が金300万円以下の場合は16%、金300万円を超える場合は10%+18万円と定める場合もあります)。
③は、裁判所に納める印紙代、切手代、書類のコピー代等実際にかかる費用です。
お支払いは、原則として一括支払いですが、分割でのお支払いも可能ですし、次にご説明する法テラスを利用する方法もありますので、担当弁護士によくご相談ください。

法テラスを利用した場合の弁護士費用のご説明

労働事件の場合、相談される方は多くが経済的に余裕のない方ですので、弁護士費用は法テラスを利用される方がほとんどです。
法テラスは経済的に余裕のない方のために国が弁護士費用を立替えてくれる制度で、利用者は国に対し毎月5000円~1万円ずつ分割で支払っていくものです。法テラスを利用できる方は、資力が一定金額以下であることが要件です。
例えば、単身者は手取収入が金18万2000円以下(仙台市の場合は金20万200円以下)、4人家族は金29万9000円以下(仙台市の場合は金32万8900円以下)であれば利用できます。家賃、住宅ローンがある人は、単身者で金4万1000円、4人家族では金7万1000円の範囲内で、上記金額にプラスされます。例えば、単身者で家賃が金4万円の場合は手取収入が金22万2000円以下(仙台市であれば金24万200円以下)であれば利用できます。ですので、労働事件の場合はほとんどの方が法テラスの利用が可能です。
法テラスを利用した場合の弁護士費用は、労働審判の場合は着手金、実費合わせて金10万円前後、訴訟の場合は着手金、実費合わせて金21万円~金24万円前後です。依頼者はこれを毎月5000円~1万円ずつ返済していきます。成功報酬は、上記1②と同じ基準です。
したがって、労働事件の場合「お金がないから」と諦める必要は全くありません。遠慮なく法テラスを利用しましょう。

以上、いずれにしても弁護士費用については担当弁護士によくご相談されることが大事です。