刑事事件

ある日突然、家族が警察に逮捕されてしまったら…。あなたはとても動揺し、何をしていいか分からなくなるでしょう。警察に面会に行っても面会禁止措置により本人に面会できないことも少なくありませんし、面会できても立会係官がそばにいるので十分な話もできません。そんなとき、頼りになるのが弁護士です。

弁護士は立会なしで時間をかけて被疑者に面会し話を聞くことができます。

事実関係に争いないケースでは、弁護士は被害者への被害弁償に奔走して早期の釈放を目指します。冤罪のケースでは検察官と徹底的に闘います。また起訴された場合は早期に保釈請求を行い、被告人の早期の身柄解放に努めます。最近は、保釈金を用意できなくても立替払いしてくれる制度もあります(ただし、手数料の問題がありますので担当弁護士とよくご相談ください)。裁判員制度についても、当事務所にも裁判員裁判を経験している弁護士が複数おりますので、対応可能です。なお、被疑者国選制度がありますので、多くの事件は費用の心配なしに弁護人が選任されるようになっています。この場合、弁護人は弁護士会の名簿にもとづき国から選任されることになっています。

お問い合わせはこちらから

@ichiban_lo からのツイート